Report, 未分類

こんにちは!フレミングハウススタッフの原田です。10.26 (土) 27 (日)SADOKOI 佐渡に来いっちゃ!秋の大収穫祭!が開催されました。佐渡の魅力を楽しく体験頂けると各種ワークショップや、佐渡キッチン、佐渡マーケット&カフェなど佐渡のステキをぎっしり集めた会場でみなさんをお出迎え。

佐渡島といえば、豊かな自然を活かしたお米!「トキと共生する佐渡の里山」は世界農業遺産(GIAHS)に日本で初めて認定され「生きている遺産」「知恵の遺産」とも呼ばれている佐渡島が世界に誇る宝です。今回は美しく豊かな自然環境を有する“岩首昇竜棚田”の新米を使用。お客様の好きな具材を注文してから握るLIVE販売が行われました。

私もイカの塩辛おにぎりと梅干しおにぎりとつみれ汁をいただきました。その場で作ってくださったのでほろほろあったかく、お腹も心も満たされながらおにぎりを頬張りました。

他にも、お取り寄せで半年待ちになっている大人気のパン屋さん“T&M Bread Delivery SADO Island”マーカス夫妻ご本人が来場、天然酵母のパンと人気のアップルパイの販売も。お二人はとても仲良くて、見ているとこちらが幸せになるような素敵な雰囲気をお持ちでした。

会場内の「佐渡カフェ」では、佐渡で人気の“おにcafé”が二日間限定のPOP UPショップを開店。さど番茶を使用したオリジナルドリンク、池田菓子舗さんのレトロで滋味深いスイーツなどが販売されていました。

他にも、佐渡島でしか手に入らない商品、5つの酒蔵から来る美味しいお酒の伸び比べなど豪華すぎるコンテンツが盛りだくさん。

連日本当に多くのお客さんが訪れて大賑わい。佐渡島の魅力をひしひしと感じる2日間になりました。

 

フレミングハウスでは「何かやってみたい!」「こんなことできる?」などどんな些細な相談でも大歓迎です。

ぜひ、場づくりを一緒にしませんか?

http://fleminghouse.jp/

(原田)

 

Event

2019/11/16

開催予定

11月16日(土)ひとつ・ヒトツの文化祭開催

今回で3回目の開催となる「ひとつ・ヒトツの文化祭」!
その道のプロではないけれど、ずっと隠し持っている「すきなこと」。
そんなキラキラを集めて、23の展示作品と、9の出演作品(予定)を発表します!
「すき」の表現を、恥ずかしがっていたらもったいない。
細々とでも続けていたら、きっと人生はもっと、楽しく幸せになるはず。
そう思って開催しています。大のおとなたちの「ひとつ・ヒトツ」が化学反応を起こす、1日限りの文化祭。
ぜひご来場ください!
詳細はWEBサイトをご覧ください。
https://www.suki-bunkasai.site
日時:11月16日(土)12:00〜18:00
場所:The Fleming House(ザ フレミング ハウス)
東京都江東区三好2-6-10
アクセス|
半蔵門線「清澄白河」駅 B2出口より徒歩6分
都営大江戸線「清澄白河」駅 A3出口より徒歩8分
<展示作品(予定)>
ハンドメイドアクセサリー
写真
刺繍
イラスト
織物
消しゴムハンコ
エッセイ
Tシャツ
書道
DIYスツール
民族ドキュメンタリーZine
感覚知覚装置
音を視覚化する装置
など
<出演作品(予定)>
弾き語り
インスト演奏
漫才
写真家さん撮影裏話
トークセッション「文化祭とは?」
など
<食べ物・飲み物(予定)>
トマトソースパスタ
野菜たっぷりキッチンカー
手作りお菓子
エチオピア人直伝コーヒーセレモニー
など
photo by 勝部世志子
※会場写真は2018年のものです。