Report, 未分類

こんにちは!フレミングハウススタッフの原田です。10.26 (土) 27 (日)SADOKOI 佐渡に来いっちゃ!秋の大収穫祭!が開催されました。佐渡の魅力を楽しく体験頂けると各種ワークショップや、佐渡キッチン、佐渡マーケット&カフェなど佐渡のステキをぎっしり集めた会場でみなさんをお出迎え。

佐渡島といえば、豊かな自然を活かしたお米!「トキと共生する佐渡の里山」は世界農業遺産(GIAHS)に日本で初めて認定され「生きている遺産」「知恵の遺産」とも呼ばれている佐渡島が世界に誇る宝です。今回は美しく豊かな自然環境を有する“岩首昇竜棚田”の新米を使用。お客様の好きな具材を注文してから握るLIVE販売が行われました。

私もイカの塩辛おにぎりと梅干しおにぎりとつみれ汁をいただきました。その場で作ってくださったのでほろほろあったかく、お腹も心も満たされながらおにぎりを頬張りました。

他にも、お取り寄せで半年待ちになっている大人気のパン屋さん“T&M Bread Delivery SADO Island”マーカス夫妻ご本人が来場、天然酵母のパンと人気のアップルパイの販売も。お二人はとても仲良くて、見ているとこちらが幸せになるような素敵な雰囲気をお持ちでした。

会場内の「佐渡カフェ」では、佐渡で人気の“おにcafé”が二日間限定のPOP UPショップを開店。さど番茶を使用したオリジナルドリンク、池田菓子舗さんのレトロで滋味深いスイーツなどが販売されていました。

他にも、佐渡島でしか手に入らない商品、5つの酒蔵から来る美味しいお酒の伸び比べなど豪華すぎるコンテンツが盛りだくさん。

連日本当に多くのお客さんが訪れて大賑わい。佐渡島の魅力をひしひしと感じる2日間になりました。

 

フレミングハウスでは「何かやってみたい!」「こんなことできる?」などどんな些細な相談でも大歓迎です。

ぜひ、場づくりを一緒にしませんか?

http://fleminghouse.jp/

(原田)

 

Report

こんにちは!フレミングハウススタッフの原田です。

10.19 (土) 20 (日)くらしごと市vol.2 LOCALが開催されました。

主催者のondoの松木さんは、以前インタビューでもお話をお伺いしていたので、今回の開催を心待ちにしていました。

くらしごと市は、「くらし」と「しごと」を合わせた名前。作家さんにとって作品は暮らしでもあり、仕事でもあります。作り手たちの日々の仕事から生まれる、くらしを豊かにするモノやコトたちをセレクトしてお届けできればとの思いが込められているそうです。

そんな思いもあって、会場にはたくさんの作家さんの思いの込もった作品が。

作品だけでなく、手作りのお弁当も。

作り手側の思いが込もっている分、お客さんとの距離も近く、会場は訪れる人の笑顔で溢れていました。

連日、たくさんのお客様が訪れ、フレミングハウスは大にぎわいでした。

 

私は、イラストレーターの浅野ペコさんに似顔絵を描いてもらいました。15分ほどでサラサラと描きあげていただき、実物よりも可愛く仕上げていただきました。(笑)

出店されている一人ひとりの方々が、それぞれのこだわりに誇りを持ってお客様にお話されている姿が印象的で、想いの込もった場には人が集まることを実感した2日間でした。

フレミングハウスでは「何かやってみたい!」「こんなことできる?」などどんな些細な相談でも大歓迎です。

ぜひ、場づくりを一緒にしませんか?

http://fleminghouse.jp/

(原田)

Report

こんにちは!株式会社WAT CB(コミュニティビルディング)部の原田優香です。私は主に清澄白河駅から約徒歩6分のところにあるフレミングハウスというイベントスペースを運営しています。

10/14(祝月)の午後、東北の生産者さんから直接食材を仕入れて、その生産者さんの写真を見ながらご飯を囲む『東北食べる写真展』を開催しました。

 

今回は私自身初めての自社企画ということもあり、準備から当日まで気を引き締めて挑みました。

前職から繋がっている仲間と企画をしたのですが、私たちが大事にしたい想いとして「東北の今を伝える」「東北の魅力を伝える」という大きく2つの軸がありました。

 

皆さんもご存知かと思うのですが、3.11以降、東北は様々な課題に直面しました。風評被害で多くの農家さん、生産者さんが苦しみ、「東北のものは食べたくない」との声を聴いて何度悔しくて泣いたかわからない、という声を直接聴いていたからこそ、東北のものはこんなに美味しくて、こんなに素敵な想いで生産者さんは物を作っているのだ、ということを伝えていきたいよね、と。

そんな想いもあり、当日は料理に使う生産者さんの写真とその生産者さんのインタビューを会場に飾りました。

普段私たちが口にするもので、生産者さんがどのような想いで物を作っているかを知る機会ってなかなかないからこそ、このような機会を作りたい。被災地としての東北だけじゃなく魅力溢れる東北を感じて欲しい。そんな想いで会場も料理も雰囲気もみんなで創りあげました。

 

WATからはCoffee Wrightsのブースも出店。

「お店はどこにあるんですか?」「この豆ってどこの豆ですか?」など、コーヒーから生まれる会話も見え、お客様に楽しんでいただける姿も。コーヒーを飲んでる人を見ていると、ほっと安心した顔をしている人が多くて、コーヒーの持つ力をこの時深く感じました。

 

私たちが思ってた以上にたくさんの方が足を運んでくださり、改めて東北という地のパワーと、人とのご縁に感謝する一日となりました。

 

コミュニティビルダーとして働き始めて、まだまだわからないことが沢山あって試行錯誤する毎日ですが、私にとってのコミュニティビルダーは「人が活き活きする為の仕掛けを創り続けていく人」だと思っています。

「こんな場を創りたい」という想いがある人が集まり、その集まりの中で一人ひとりが持つ強みを活かしあい、場を創りあげていくことで生まれるパワーが、何かを変えていくはずだと信じて今日もイベントスペース運営をしています。

フレミングハウスでは「何かやってみたい!」「こんなことできる?」などどんな些細な相談でも大歓迎です。

ぜひ、場づくりを一緒にしませんか?

http://fleminghouse.jp/

 

(原田)

 

Report

〜東京・大阪、2都市を拠点に展開するギャラリー&プロダクトレーベルondoの松木さんが大切にしている想い〜

 

こんにちは!フレミングハウススタッフの原田です。今回は、フレミングハウスを利用してくださった主催者の方に、イベントへの想いをインタビューさせていただきました。インタビューvol.1は、くらしごと市というマーケットイベントを主催されている「ondo の松木カオリさん」です。

松木カオリ profile

ondoギャラリーマネージャー/イベント担当 愛媛県出身。大阪での勤務を経て、2019年東京へ拠点を移す。数社のデザイン会社を経て2009年7月、池田 敦と共に大阪にてデザイン会社G_graphics設立。2013年ギャラリーondo tosabori(大阪)をスタートし、2017年には滞在型のギャラリーondo STAY & EXHIBITION(東京)をオープンする。ondoギャラリーの運営に携わるとともに、自社が主催するイベント関係全般を担当する。

 

ー松木さんはどのような経緯でondoに?

ondoの母体が、ジーグラフィックスというデザイン会社で、私を含むデザイナー3人で大阪にて立ち上げました。デザインの仕事を続けていく中で、より人と関わりながら仕事がしたいと思っていたのと、一緒に仕事をしているイラストレーターや作家さんたちの発信の場を作れたら思い、2013年に、大阪でギャラリーondoをスタートしました。

ー東京に来られたのは?

ondoでは企画展のみで展示をしていて、イラストレーター・作家としっかり話し合って展示を作り上げています。大阪で4年間企画展を続けてきた中で、様々な課題も見えてきてました。やはり、仕事につなげていくためには、東京での発信は欠かせないと感じたので、2年前に清澄白河でギャラリー(ondo STAY & EXHIBITION)を始めたのが東京での展開の始まりです。

ー東京でギャラリーを展開するこだわりは?

国内外を問わず様々な場所で活動するイラストレーター・作家が、もっと気軽に東京で発信できる場を作りたいと思うし、もっとフラットにいい作品を紹介していきたいと思っています。STAY & EXHIBITIONという名前の通り、滞在費などの金銭的な負担が軽減できるように、簡易ではありますが宿泊施設も備えています。実際に、地方から来た作家さんが2週間滞在しながら展示をしたり、東京での発信のチャンスをサポートできる場所になっているのではと思ってます。

ーくらしごと市を開催するにあたって松木さんが大切にされていることはありますか?

ギャラリーは、絵をじっくりしっかりと見ていただけるとてもいい空間なのですが、正直初めての方には、少し入りにくさも感じる場所なんだろうなと感じています。もっと気軽に作品に触れる機会を作りたい、部屋に気軽に絵を飾るとか、普段のくらしに自然となじむような届け方ができるのも大切なのではと思い、自分たちがイラストレーター・作家と一緒に、みんなが来やすい場所に出て行こうと考えたのがはじまりです。イベントでは、入口をもっと広げて、気軽に参加いただける空間にしたいと思ってます。

ーその想いがくらしごと市に?

前身となる「つまるもの市」では、出店者はほぼイラストレーター・作家さんたちでしたが2018年に「くらしごと市」へ名前とテーマと変えて、再スタートしました。「くらしごと市」では、暮らしにまつわるアイテムを作っている方たちにもお声がけして、みなさんの日常に自然と届くイメージで、提案できる空間を作ってます。

ーくらしごと市の名前の由来は?

「くらし」と「しごと」を合わせた名前なんですが、作家さんにとって作品は暮らしでもあり、仕事でもあります。作り手たちの日々の仕事から生まれる、くらしを豊かにするモノやコトたちをセレクトしてお届けできればと思っています。

ーその由来は出店者の皆さんにも共有しているんですか?

はい。出店者のみなさんとは、思いの共有はできるだけ丁寧にしたいです。その共有が一番大事で、それがイベント当日の一体感やいい雰囲気を作ってくれるし、成功にも繋がるのではないかと考えています。イベントでの結果を受けてどう感じるか、それをまた相談できたり、次に生かしたり、引き続き一緒に成長していく関係性を作ることをまずは大切にしています。そのコミュニケーションはとても楽しいし、出店者の方とご一緒する醍醐味かなと思いますね。

ーイベントスペースが沢山ある中でなぜフレミングハウスで開催しようと思ってくださったんですか?

第一印象で「いい空気が流れているなぁ」と感じたのと、入ってすぐに大きなキッチンがあるのが決め手でした。私たちも清澄白河を拠点にしているので、ギャラリーと行き来できる距離感だったり、この辺りの雰囲気もとても好きなんです。清澄白河に住んでいる人は丁寧な暮らしをされている方が多い印象で、実際素敵なお客様が多かったです。

9月にくらしごと市をされてみていかがでしたか?

すごく嬉しかったことがありました。今回、とても丁寧な手仕事で美しいお皿を作られている作家さんにご出店いただきました。いつもは、ギャラリー等で作品を発表されている方なのですが、本当はこのお皿に美味しい食事をのせてそこから生まれるコミュニケーションを大切にしたい、という想いのもと制作されているとのことでした。今回、作家さんのそのお話を聞いて、初めてのお客様が手にとってくださったと聞きました。作り手の想いに耳傾け、それを大切にしてくれているお客さんが来てくださったのは、本当に嬉しかったです。

(9月のくらしごと市の様子)

ー最後に。10月のくらしごと市は「ローカル」というテーマで開催されると思うのですが、意気込みをお願いします!地方を拠点にされている方、地方出身の方も含めてその魅力を幅広くご紹介します。地方は、実直なものづくりをやっている方たちが多い印象です。これまで、地方でもある大阪・徳島と開催してきて、ご一緒してきた方たちも繋いでいきたいと思っています。素敵なものづくりをされている人たちが全国各地より集まってくださるので、ぜひ足を運んでその想いを感じ取っていただきたいです!

【編集後記】

松木さんの包み込むようなあたたかい笑顔と人柄のおかげで、緊張せず楽しくインタビューをさせていただきました。改めて松木さんの想いを聞いて、より一層「くらしごと市」の魅力をしみじみ感じる取材となりました。こうして、イベントの内容だけでなくイベントに対する想いを聞かせていただけることは、私自身とても嬉しく、フレミングハウスをもっと素敵なスペースにしていけるように頑張ろう、と勇気をもらえる機会になりました。松木さん、本当にありがとうございました!

Report

この夏の全国5都市予選、総勢189名の競技者から勝ち上がった21名の強者エアロプレサーたちのロンドン行きをかけたトーナメントが9月14日(土)フレミングハウスで開催されました。

当日は、会場が観客の方々で一杯になるぐらい大盛況!!

年に一度、大会で「久しぶり!」と顔を合わすその瞬間、競技者としてはライバル同士でも、気づくと新しいグラインダーの話やコーヒーの品種の話になっていたり、お気に入りのコーヒーショップの話になっていたり。

トーナメントは熱狂の渦で包まれていました。

フードは手作りタコス、クラフトビールやナチュラルワイン、そしてエアロプレスで抽出したコーヒーなどを食べたり飲んだり始終楽しむみなさんの様子が伺えました。

フレミングハウスでは、このような100人規模の大会も開催可能です。
「やってみたいことがある!」「こんなことできるのだろうか?」などの相談も大歓迎です。

 


フレミングハウスでイベントを開催したい方はこちら
>> http://fleminghouse.jp/for_event/