Report

2020/2/16(日)直すと治す商店街

こんにちは!

フレミングハウス担当の原田です!

2/16(日)に開催した『直すと治す商店街』は、有志で集まった深川応援団「合同会社カツギテ」さんとThe Fleming House の運営をしている「株式会社WAT」が共同主催となって企画した地元密着型イベントです。

この企画が生まれた経緯は、フレミングハウスの2階でカツギテさんが運営するシェアオフィス「NAGAYA清澄白河」に入居しているナオセルというサービスを展開している方がいて、そこから修理のイベントはどうだろう、と声が上がったのがきっかけです。

職人さんによるモノの修理=直すだけではなく、マッサージや飲食で人の体も心も癒そう=治すという2つのナオス、そして人が賑わっている商店街をイメージして「直すと治す商店街」というネーミングに。

そして、あれよあれよと言う間にカツギテさんのパワーで出店者の候補や募集がどんどん進んでいき、企画の実施へとつながりました。

壊れてしまったものや捨てたくないと思っている大切なモノの修理や相談。自分の身体の定期的なメンテナンスや毎日頑張る自分へのご褒美、治療など、いつもの日常に、ホッと心があたたまる瞬間とモノへの慈しみと丁寧な心配りをお届けしたいという想いで当日を迎えました。

 

当日は11店舗の出店者の皆さんが参加してくださいました。

・PIGGYS(靴修理&クリーニング)

・Bar NICO(ドリンク&フード類)

・SASHOU(ジュエリー修理&リフォーム)

・自然食品店コハル(自然食品)

・GLASS-LAB(グラス加工&修理)

・alohaloco STUDIO(自転車修理&点検)

・ナオセル(直せるモノが循環するマーケットプレイス)

・DIYレシピ(DIYのレシピサイト)

・足から元気シャムロック堂(台湾式若石足もみ)

・ラッキーフット(足つぼ・台湾式リフレクソロジー)

・リフォーム不動産深川studio ×note architect(住宅リフォーム&リノベーション)

当日はあいにくの雨でしたが、開催時間になると人がちらほら。

いろいろな物を持ってきて修理の相談をする姿が見られました。

「修理したかったけどお店に入るのは勇気がいったから、こんな場があると助かるわ」

「思ったよりも修理の値段が安くて、修理に対するハードルが下がった」

など参加者のみなさまから様々な声をいただきました。

そして、モノの修理だけでなく、身体のメンテナンスをされている方も。

足つぼを受け、「いたいーっ!」と大きな声を上げつつ、終わった後にはすっきりとした表情が。

初めての試みでどんな反応になるかドキドキしていましたが、たくさんの方が足を運んでくださって、「修理をする為に気軽に相談できる場所」を必要としている人がいることがわかりました。

開催後は、主催者メンバーで振り返りを実施し、今回よりもより良い場を作っていこうとの話になりました。

次回の直すと治す商店街の開催は2020/5/30(土)を予定しております。

是非、楽しみにしていてくださいね!